あなたに合った格安SIMを、比較ランキング形式でご紹介!

2015年5月よりSIMロックの解除が義務化され、格安スマホの市場が一気に盛り上がろうととしています。

「格安スマホ」とは、単に、スマホ本体(端末)を格安で手に入れる、ということだけを表しているのではありません。キャリアから請求される毎月の料金もその対象なのです。
現在スマートフォンをご利用なら、NTTドコモやau、ソフトバンクから送られてくる毎月の請求書をチェックしてみてください。毎月、どれ位お支払ですか?

格安スマホとは、端末自体の価格のみならず、毎月の支払いに関する通話・通信料金も、もっと格安にしようというもの。そして、それを可能にしてくれるのが、この「格安SIM」なのです。

ただ、現在もMVNOと呼ばれる事業者が続々と参入を続け、この格安SIMのプランも多岐に渡っています。利用する側にとってはうれしい限りですが、でも、結局どれを選べばいいのか?自分に合った格安SIMはどれか?悩んでしまいます。

そこで、当サイトでは、多彩な格安SIMのプランの中から、あなたに合ったプランを簡単に選べるように、比較ランキングしてみました。じっくり比較して、ベストなプランを選んでください。

 

 あなたに最適な格安SIMを比較ランキングでご提案!

最適な格安SIMプランを選んで頂くために、3つのチェック項目を設けました。
□スマホ端末も同時に購入するかどうか。SIMだけ購入?それともスマホ本体も?
□音声通話対応が必要かどうか。
□通信量は少ないか多いか。

この3つの項目をチェックして頂ければ、あなたに最適の格安SIMプランが分かります。
それぞれのおすすめプランは、比較ランキング形式になっていますので、その中から最適なプランをお選びください。
下記の該当する「タイプ」のリンクをクリックしてください!

端末の
同時購入
通話機能/
通話頻度
データ
通信量
おすすめの
タイプ
不要要/程々程々
不要要/多い多い
不要不要程々
不要不要多い
要/程々程々
要/多い多い
不要程々
不要多い

 

格安SIMについて

SIMって何?

格安SIM比較ランキング

 

現在、日本には、ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯電話会社(以下、キャリアと呼びます)がありますが、これらのキャリアのショップで携帯電話を使用するための契約を行うと、ちょうどキャッシュカード程度の大きさのカードが渡されます。これが、「SIMカード」と呼ばれるもので、このチップの中には、契約したキャリアの無線通話や無線通信を行うために必要な情報が記録されています。

そして、このカードから切り取った小さなチップの部分を、スマホの側面や背面等にある「SIMスロット」にセットすることで、契約したキャリアの通話や通信を利用することができるようになります。

今では、切り取った小さなチップのほうを「SIMカード」と呼ぶのが一般的になっています。

 

SIMロック・SIMフリーとは?

キャリアは、スマホ本体の実質価格を大きく割り引いて、ユーザーを獲得してきました。しかし、自社から格安で手に入れたスマホや端末を、他のキャリアで勝手に利用されてしまうと、大きな損失となってしまいます。

そこでキャリアでは、自社のユーザーを囲い込むために、他社で端末を流用できないような制限をかけています。これが、「SIMロック」と呼ばれるものです。

逆に、上記のような制限をはずし、どこの通信会社でも使えるように最初から制限をかけていない端末のことを「SIMフリー」、あるいは「SIMフリー端末」と呼んでいます。

このように、今まではSIMロックのかかった端末のみが販売され、購入したスマホや端末を他のキャリアに自由に乗り換えることができませんでしたが、2015年5月より、このSIMロックが解除されました。

総務省は、2015年5月より行われた「SIMロック解除の義務化」を前に、「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正を行ったことを、2014年12月22日に発表しています。こちらには、このガイドラインをもとに、SIMロック解除にあたっての変更点や注意すべきポイント等がまとめらているので、ご参照ください。

 

格安SIMについて

最近のテレビのCM等で、非常に低価格のSIMが宣伝されています。この低価格のSIM、いわゆる格安SIMとはいったい何?なぜ、このように格安なのでしょう。

格安SIMとは何?

格安SIMを理解するためには、まず、「MVNO」と呼ばれる通話・通信のサービス会社を知っておく必要があります。

「MVNO」とは、Mobile Vertual Network Operator の略で、ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯電話会社、つまり、これらのキャリアから携帯電話の回線インフラを借り受けて、そのサービスを販売する事業者・企業のことを指します。

日本全国、いつでもどこからでも携帯電話を使って相手と通話や通信を可能にするためには、全国津々浦々に無線回線網を整備する必要があります。つまり、巨額の投資が必要になるので、参入できる企業は限られてしまいます。これが、ひいては、無線通話・通信のサービスや価格に硬直化をもたらしてしまう状況となっていました。

そこで、上記のMVNOと呼ばれる企業が現れ、キャリアから携帯電話回線を借り受け、月あたりの通信量をキャリアと比較して少なくしたり、通信速度を落とすなどの工夫をして、リーズナブルな価格で独自プランの提供を始めたのです。

格安SIMは、このMVNOと回線の契約をする時に渡されるもので、格安SIMを購入することは、つまりMVNOと回線の契約をすることを意味します。

なぜ、格安なのか?

上記のように、携帯電話の設備を全国津々浦々に整えるためには、巨額の投資が必要です。このインフラ整備を行っているキャリアは、当然、巨額の投資を回収する必要があります。また、お住いの近くには、キャリアのショップ(販売店舗)がオープンしていて、回線の契約やサポートを行っており、そのショップの維持・管理費用にも巨額の資金が必要になります。当然、これらの費用は、携帯電話の毎月の料金でまかなわれることになります。

一方のMVNOは、携帯電話回線をキャリアから借り受けているため、インフラの構築・整備に係る投資の必要はありません。また、ショップについてもできるだけ出店を控え、契約やサポートは、ホームページ上で代行する等の工夫を凝らして、投資費用を極力減らしています。
このような工夫によって、通話や通信のサービスを格安で提供することができるようになったのです。

SIMが格安である理由がここにあるのです。

 

格安SIMのメリット・デメリット

メリット

■月額料金が安い!
格安SIMの最大の魅力は、価格です。
従来のキャリアの料金プランと比較して、月額の料金が大幅に安いことです。キャリアプランと比較すると、一月あたり約4,000~5,000円ほども安くできる場合もあるなんて、とても魅力的ですよね。


■2年縛りといった継続利用契約がない
今まで、キャリアと契約すると、2年縛りといった継続利用の縛りがあって、そのために他のキャリアへ乗り換えたくても思うようにできなかったという、不便な思いをされた方も多いのではないでしょうか。

格安SIMの場合は、基本的に最低利用期間が設定されていなかったり、設定されていたとしても短期間の場合が多く、すぐに解約できるというメリットがあります。


■多彩なプラン
格安SIMには、選択できるプランが豊富にそろっています。
価格重視の方には、激安なプラン(但し、通信スピードが低速になる場合があります)を、ヘビーユーザーには、容量無制限プランを、といったように選択肢が豊富にあるので、一人ひとりのニーズにあったプランを比較・検討し選択することが可能です。

 

デメリット

■キャリアサービスが使えなくなる
格安SIMに乗り換えると、キャリメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)のキャリメールが使えなくなるほか、家族割りなどキャリアから提供されていたサービスが使えなくなります。

■通話量の多い人には、不向き
音声通話に対応したSIMは、30秒あたり21.6円の通話料が発生します。キャリアが提供していた「通話定額プラン」などは、この格安SIMではほとんど提供されていないので、通話の多い人は注意が必要です。

■データ通信量の制限
格安SIMの最大のメリットは、月額料金が非常に安いこと。データ通信量が少ないプランに加入すると、月額料金をかなり抑えることができます。しかし、意識せずに使いすぎると、規定容量に達して通信速度が制限されてしまうので、注意が必要です。

 

格安SIMの利用に向いている人って?

以上の格安SIMのメリット・デメリットから、この格安SIMに向いている人は、次のようなタイプと言えるでしょう。

1.毎月のデータ使用量が1~3GB程度と比較的少ない人。
2.電話(音声通話)をあまり利用しない人。
3.キャリアサービス(キャリアメール、家族割引など)が使えなくても、それほど不便を感じない人

このような条件にあてはまるなら、ご自身に合った格安SIMを比較して頂き、是非、格安SIMをうまく活用して頂きたいですね!

 

格安SIM比較その2

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ